西伊豆の家

自然がより魅力的に感じられる空間づくり
海への眺望はこの土地最大の魅力であることから、全ての居室から海を眺める建物にする事も考えられましたが、幾度となくこの地に通う中で、海や富士山といった遠景のすばらしさだけでなく、近くの森や敷地内にも魅力的な自然がある事に気がつきました。
それらの近景を生かすことで、より季節感を感じられるのではないかと考え、敷地内に自生していた春に白い花を咲かせるオオシマザクラの大木を囲むように、建物をL型に配置させることにしました。この事で、自然との接点が増えただけでなく、室内から見える建物のもう一辺も風景の一部となり、建物が建つことで生まれた自然との新たな秩序が、より一層自然の美しさを際立たせてくれています。
所在:
静岡県沼津市
建築形式:
新築
構造:
1階RC造2階S造
延床面積:
277.09㎡(83.8坪)
種類:
夫婦
テーマ:
自然、別荘、眺望
建築家
東京都渋谷区
HIROKI KAYANUMA
プラスデザイン1級建築士事務所